社会情勢とタイミング

一戸建て住宅を購入するときには、主にライフイベントや年齢などを考慮することが多いです。もちろん、それらも住宅を購入するための大きなきっかけになることは間違いありません。しかし、それらに意識を置きすぎているあまりに損をしてしまうことがあります。一戸建て住宅を購入するときには、一体どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。

一戸建て住宅を購入するときには、国の政策や社会情勢に気を配ってみましょう。「自分の生活にそのようなマクロな現象は関係ない」と感じるかもしれませんが、経済と社会情勢は非常に深い関わり合いがあります。特に一戸建て住宅は非常に大きな金額の買い物となるので、たとえ1%の金利の違いでも将来的には莫大な金額となるのです。そのため、住宅ローンの金利だけではなく、消費税の増税などには十分気を配りましょう。

また、買い時で言えば資産価値が下がりにくいような家を建てるようにしましょう。景気が良いあまりに、周りの熱に乗せられて高い買い物をした直後不景気になるというのは、日本がバブル経済のときに陥った病理です。そのため、しっかりと住宅は資産だという認識を持ち、冷静な頭で購入をすることが重要となっています。

Copyright © 一戸建て住宅についてのイロハ! All rights reserved.