オール電化住宅とは

一戸建て住宅を購入するときに目に飛び込んでくるワードの一つとして「オール電化住宅」というものがあります。調理や給湯だけではなく、暖房などの熱源に電気を使用するものがオール電化住宅です。今の時代、このオール電化住宅が非常に注目を集めています。このオール電化住宅には一体どのような特徴があるのでしょうか。

まず、メリットからですが、こちらは非常にクリーンであるということが挙げられます。ガスや石油を使っていないため、不完全燃焼を起こすことがありません。これは、現代の住宅の特徴である機密が高く断熱性が高い住宅にとっては、安全性につながっています。火災リスクとの関係性で火災保険が安くなったり住宅ローンが安くなるなどのお得なポイントもあるため、オール電化住宅を利用する人が増えているのです。

しかし、気をつけなければいけないのが導入コストが高いという点です。こちらは電気温水器やIHクッキングヒーター、それから貯湯タンクなどといった初期投資が必要となります。これらはガスを用いたものよりも割高になる上に、設置スペースが大きなものもあるため生活に不便を感じることがあるかもしれません。また、電気だけにエネルギーを集めることによって、社会情勢が傾いたとき不便な生活を強いられるかもしれないのです。

Copyright © 一戸建て住宅についてのイロハ! All rights reserved.