長期優良住宅について

長期にわたって良好な状態をキープして過ごせるような措置をした住宅のことを、長期優良住宅と言います。住宅というのはどうしても劣化していくものであり、メンテナンスには非常に大きなお金と時間がかかることがあるのです。そのため、このような長く住める家を作るというのは、後々のことを考えると非常に有益だという声もあるのです。

また、長期優良住宅を建てることによって大きなメリットがあります。それは税金の優遇です。この優遇は住宅ローンの控除だけではなく、不動産取得税や登録免許税、固定資産税など多岐にわたります。このような税金による優遇を受けることによって、実質価格の値引きとなるため、長く住める家にかかるメンテナンスコストの削減と考えてもおトクだと言われることもあります。

では、この長期優良住宅の認定を受けるためにはどうしたら良いのでしょうか。それは、性能項目を満たす必要があります。この性能項目は住宅性能の色々な要素です。それらがきちんと基準を満たしているということが認定されることによって、初めて税金の控除を受けることになります。

しかし、この申請から認定までの手続きが非常に複雑であるため、素人には難しいとされています。そのため、専門家を雇う必要が高いので、これにコストをかけることを良しとするかどうかでこの制度を利用するかどうかが分かれるという意見もあります。

Copyright © 一戸建て住宅についてのイロハ! All rights reserved.