年収300万で家作り

一戸建て住宅というのは非常に高価な買い物であるため、「一生に一度の買い物」と表現されることがあります。しかし、現在の日本においては年収300万円代で生活している人も珍しくありません。そのため、高価な買い物である一戸建て住宅を諦めている人もいるようです。特に注文住宅などは夢のまた夢。そんな意見も少なくありません。

しかし、少しの工夫で少ない予算でも注文住宅を建てることができます。実質、住宅ローンである「フラット35」を利用して土地付き注文住宅」を購入した人の、約5人に1人が世帯年収399万円以下だというデータもあるのです。年収300万円代で注文住宅を購入するなら、まず頭金を確保しましょう。何故なら、住宅ローンの借り入れは一般的に収入の5倍が目安だと言われています。そのため、それ以上は頭金を積み上げることで余裕を持たせることが出来るのです。

また、年齢が若いうちからローンを組むということも一つの手段です。年齢が若いということは働ける期間が長いということになります。そうすることによって返済期間を長く組むことが出来るため、より借入を増やすことも出来るのです。若いうちから家を購入することが一戸建て住宅を建設する鍵になりそうです。

Copyright © 一戸建て住宅についてのイロハ! All rights reserved.